Exhibition

TED TOKIO TANAKA 個展 “REFLECTION / 回想と反映”        2022.11.21
『私は建築家として50年に渡り、人生の至上の喜びを感じながら美しく生き生 きとした作品としての建築物を設計してきました。建築とは、「設計を通して 生活の機能性を高めて様々な問題を解決すると共に、芸術作品を作り上げるも の」と、私は捉えています』
2022年11月24日(木)~12月4日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

片野莉乃 個展 「岩絵具と墨のしごと」                2022.11.09
片野莉乃の年内最後の展示になります。 俯瞰構図と点描によるマチエールを活かした日本画作品と、在学中から取り 組んできた墨を使用した作品・スケッチを発表いたします。岩絵具と墨による 作品群の展示風景を楽しんでいただけたら幸いです。
22022年 11月 10日(木) ~ 11月20日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

蔡 煒廷 / WEI-TING TSAI 個展  - ドラゴンボール・ 山石画 -    2022.10.26
本展覧会では、作者が人生で初めて読んだ日本の漫画で、その後の人生においても深く 影響を受けた「ドラゴンボール」のキャラクターのイメージを、中国山水画風に描いた 油彩画を展示いたします。延々と続く山石に抽象的に刻まれたキャラクターたちの姿は 蔡煒廷という一人の人間の中に深く溶け込み一体となっている様子や、共に過ごしてきた歳月を感じさせます。
2022年 10月27日(木) ~ 11月6日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

阿部観水 木下めいこ 坂本藍子 三人展 ~ Wonderful World ~    2022.10.12
水棲生物を中心に制作している阿部観水、主に杉板に絹を貼った技法で四季折々の花を描いている木下めいこ、抒情的で物語性を持つ世界観を追求する坂本藍子、三人が織り成す美しく素晴らしき世界をご高覧ください。
2022年 10月14日(金) ~ 10月24日(月)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

切り絵のグループ展 【CUTTART 3】         2022.10.5
3回目になる切り絵のグループ展。今回は動物がテーマ、総勢9名の個性的な作品が並びます。ぜひご高覧ください。
2022年 10月 6日(木) ~ 10月11日(火)
平日 11:00〜19:00
土日祝日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

顔 晴君 / C. J. Sunny Yen 日本初個展 - 瞳の中の星空 - 2022.9.28
瞳に輝く12星座、愛くるしいネコたちにぜひ会いにお越しください。
『My first solo exhibition in Japan; this series is to remind us to enjoy the changes
in seasons, blossoms, and ultimately, life. Even in the face of challenges, we will navigate them calmly and proudly, with elegance and grace.』
2022年 9月 29日(木) ~ 10月4日(火)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

Suisui 個展 “ Swing the boundary”               2022.9.14
『明るく生い茂る草木とともに格子窓やフェンスのイメージが交錯したSuisuiの近年の作風は、周囲から身を隔てるものがある居心地の良さと、それらを内からすり抜けていく自由さを内包しています。
大小の平面作品で構成される本展は、作品の向こうに、或いはこちら側に広がる各々のサンクチュアリ(聖域、保護区)へと鑑賞者を誘います。
従来の岩絵具の輝きやマチエールの魅力に加えて、版画やコラージュなど様々な手法を取り入れ、更に奥行きを増すSuisuiの作品世界をぜひご高覧ください。』
2022年9月15日(木)〜9月25日(日)
平日 11:00〜19:00
土日祝日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

江原梨沙子 片野莉乃 髙橋和麻 三人展 「TRILOKA 2022」  2022.8.31
『壁画技法を用いて東洋と西洋の両義的な視点から制作する江原梨沙子、日常の風景を繊細に切り取り鮮やかな点描を用いて描く片野莉乃、美しい緻密な線で植物のある風景を捉える髙橋和麻。本展では日本画を学んできた三者三様の世界をお楽しみください。』
2022年9月1日(木)〜9月11日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄 

鵠沼閑人展 ― 高橋志保彦・蕗子 二人展 ―      2022.8.19
『高橋志保彦は建築家、都市デザイナー、神奈川大学名誉教授であり、彩寿会とチャーチル会東京にて毎年各2回出展しています。夫人 高橋蕗子との初二人展をぜひご高覧ください。』
2022年8月20日(土)~27日(土)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

「いきもののきもち 2022-AQUA-」 原田鎮郎・彩蘭弥・繁田穂波 三人展  2022.7.27
『水と氷と共に生きるものたちをテーマとしました。』
2022年7月28日(木)~8月7日(日)
平日 11:00〜19:00
土日祝日 11:00〜18:00
※最終日17時迄 

片平ゆふ子 個展 -Psychic reality-           2022.7.12
『インナースペース(inner space)という言葉をヒントに、人の精神世界を表現しようと試み、研究している。身体に無限のある種の宇宙空間を見て、人の内在的活動を描きたい 。』

2022年7月14日(木)~7月24日(日)
平日 11:00〜19:00
土日祝日 11:00〜18:00
※最終日17時迄

笠原 良子 陶 展                     2022.7.7
2022年7月7日(木) ~ 7月11日(月)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日16時迄 

草木花 見目木実 陶展             2022.6.29
『この花瓶にどんな草花を生けよう
この器にどんな蔓をからませよう
この鉢にどんな緑を植えよう
この一輪挿しには そう想いながら作った器たちに野山の草花をしつらえます。
どうぞ益子の自然を味わいに、ぜひいらしてください。』

2022年6月30日(木)~7月4日(月)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※最終日17時迄 

片野莉乃 呉逸萱 二人展 「叙情詩 lyric poetry」       2022.6.13
『多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程の同窓、片野莉乃と呉逸萱との二回目の展示です。一年を経た作品の変化をお楽しみください。』

2022年6月16日(木)~6月26日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※水曜休廊 / 最終日17時迄 

林煌彦・呂英菖 二人展 【OASIS / オアシス】              2022.6.1
夢の予知、心揺さぶられるオアシス - 林煌彥 
いつまでも花や緑が溢れるオアシス - 呂英菖

2022年6月2日(木)~6月12日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※水曜休廊 / 最終日17時迄 

「 旅 」iwata mayuko × Suisui × 丁子 紅子 2022.5.18
『独自の作品世界を持つ3人の平面作家による「旅」をテーマとしたグループ展 です。それぞれの視座で描かれる作品は、コロナ禍における人々の自由な旅へ の願いとあこがれを映し出します 』

2022年5月19日(木)~5月29日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※水曜休廊 / 最終日17時迄

白田 誉主也 個展 「Room」              2022.5.5
昨年度、第8回 東山魁夷記念 日経日本画大賞入選。2年ぶりの東京での個展開催。人間の世界に迷い込んだ動物たちを描いた作品を12点展示しています。ぜひご高覧ください。

2022年5月6日(金)~5月16日(月)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※水曜休廊 / 最終日17時迄

市塚 寛子 個展 「丸まるうさぎ」            2022.4.21
『更紗、アール・デコ、ペイズリー、和柄、紅型、フィードサック、台湾花布などの模様を纏ったうさぎを描いています。古来から幸せを祈って装飾を施してきたように、日々のくらしを豊かに彩りたいです。 』

2022年4月21日(木)〜5月1日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※水曜休廊 / 最終日17時迄

Atsushi Adachi Solo Exhibition            2022.4.4
“How the future began”

2022年4月7日(木)〜4月17日(日)
平日 11:00〜19:00
土日 11:00〜18:00
※水曜休廊 / 最終日17時迄

曽 竹君 個展 「印刻縮影 / Ink&Drawing」     2022.3.21
軌道はなく回り続ける歳月、日々の出来事を彫り刻みます。
ここ二年間、突如現れた新型コロナウイルス感染症が、人々の生活に様々な影響を及ぼしているにも関わらず、美しい地球はまだ動き続いています。作品の独特な視点を通して、傷だらけでも愛に満ち、美しい世界を再び抱きしめましょう。

2022年3月24日(木)~4月3日(日)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

稲葉未来 竹原美也子 二人展 〜 まいにちのなかに 〜    2022.3.7
稲葉未来、竹原美也子の二人展を開催します。
私たちには、身近に寄り添う動物や静物を見つめ作品にするという共通点があります。モチーフこそ近いけれど、その表現方法は全くの別物であり、その対比も本展の見どころのひとつです。
そんな二人の織りなす世界を楽しんでいただければ幸いです。

2022年3月10日(木)~3月20日(日)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

許華山・許雲翔 「双喜展」         2022.2.22
「萬物皆象 即相 無相 相於心 心即定 一切包容」
万事は天の理に従い、生々流転していく。ご高覧いただければ幸いです。

2022年2月24日(木)~3月6日(日)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

呉 逸萱 個展 「光彩・Good Time」           2022. 2. 7
『時間の経過と共に変化し続けていく自然と自分の感性をテーマにしています。岩絵具と金属箔を用い、独自の技法で光と影を表現し、植物を緻密に描写し、ポジティブ、生命力に溢れた晴れやかな気持ちになれる作品を描いています。』

2022年2月10日(木)~2月20日(日)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

能登 真理亜 個展 「日々の星々」            2022.1.24
『「星」という字は元々自然の澄んだ煌めきを表しているらしいが、日を生きるとも読める。ままならぬ日々を過ごす中でぽつりとこぼした呟きのようなものたちをここに並べてみる。』

2022年1月27日(木)~2月6日(日)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
水曜日:休廊

【原田 鎮郎 個展 「いきものガンバレ2022」】     2022.1.10 
『WWFの最新統計では絶滅危惧種は28,338種となっている。その増加の主な原因は人類の活動による自然環境破壊による地球環境の温暖化、劇症化によるものである。ここ数年はいきものガンバレのテーマで絶滅危惧種の保護活動につながるアート制作を行なっている。今回は地球温暖化の環境変化の影響を受けているホッキョクグマを取り上げた。そして淡路島在住の陶芸家、丹羽あかねさんにもホッキョクグマの作品を作ってもらった。絵画と陶芸作品の相乗効果が生まれていればうれしい。』

2022年1月13日(木)~1月23日(日
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

坂本 藍子 個展 「光と影」】            2021.12.09
「光と影、昼と夜、静寂と躍動、対義する二つの言葉の間に流れる優しい時間を描きたいと思いました。ご高覧いただければ幸いです。」

2021年12月9日(木)~12月21日(火
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

藤原 宇希子 個展 「淵、はざま」】          2021.11.16
「小さな浮草、そよ風、生き物たち…小さな力の連鎖で、刻一刻と変化する水辺の模様をモチーフに制作した大小作品を展示いたします。ご高覧いただければ幸いです。」

2021年11月18日(木)~11月30日(火)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

【蕭 月華 個展「福寶(フーバォ)きたる」】          2021.10.28
「フク /FUKU」の発音は中国語の「福 / FU」とよく似ています。作品を通して皆様に「幸福」が訪れますようにと願っております。ご高覧いただければ幸いです。
後援:台北駐日経済文化代表処 / 台湾文化センター

2021年10月31日(日)~11月13日(土)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
水曜日:休廊

【 ヘスアルド・F・ブラボ & 丹羽あかね 二人展】     2021.10.04
スペインラマンチャー地方出身のヘスアルドさんの色鮮やかな磁器と丹羽さんの渋い陶器のコラボレーションをご高覧ください。
後援:スペイン大使館

2021年10月9日(土)~10月22日(金)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

 
伊藤 潤一  書作展 「祈り」 2021・09・12
ストリート時代を経て、カタチに捉われないスタイルで活動を展開し、和の精神、日本文化の探求を軸に、世界に日本文化と思想を発信しています。東京での初個展です。ご高覧いただければ幸いです。

2021年9月16日(木)~9月28日(火)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00 
水曜日:休廊

       
彩蘭弥 展 ― 鏡花水月 ― 2021・08・06
Alaya

三歳に画家になる事を決意、多摩美術大学 日本画専攻 卒業、ネパールにて3ヶ月の仏画修行、鮮やかな色使いや自然環境、仏教的世界観をベースとして、丁寧に描写する、各界から注目を集める気鋭の日本画家彩蘭弥さんが描く世界をこうご期待。
 
2021年8月19日(木)~8月31日(火)
平日:11:00~19:00土日:11:00~18:00 
水曜日:休廊

— いきもののきもち展 — 2021.07.17
魚、カエルなどの水棲生物や動物を中心に創作し、いきものを題材にしている五人の作家の初めてのコラボレーション。いきものたちのきもちをぜひご高覧ください。
阿部 観水        Kansui ABE
坂本 藍子        Aiko SAKAMOTO
白田 誉主也    Yoshuya HAKUTA
原田 鎮郎        Shizuo HARADA
藤原 宇希子    Ukiko FUJIWARA

2021年7月22日(木)~8月3日(火)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
水曜日: 休廊


見目木実・笠原良子】         2021.06.28
     陶
   Exhibition

—- 美味しいうつわ —-
一年ぶりの益子二人展ぜひ 土の温もりを感じてください。

2021年7月1日(木)~7月13(火)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
水曜日: 休廊

【松宮喜代勝「雅シリーズ」展】                         2021.06.10
O b j e t d ’ a r t o f “ M I Y A B I ”K I Y O K A T S U M A T S U M I Y A
福井県の越前和紙とその原料「こうぞ」を使って、触ってみたくなる質感を持つオブジェをひとつ、ひとつ、手作りで作っています。昼間は、和紙が発する「白い呼吸」を楽しんでいただき夜には、電池式LEDを点灯させれば、「癒しの世界」が訪れます。

2021年6月12日(土)~6月25(金)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00(最終日17:00まで)
水曜日:休廊

【片野莉乃・呉逸萱 二人展 ~ 薫風 ~】                     2021.05.25
多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程の同窓、インパクトが強く俯瞰図を得意とする片野莉乃と、大自然をテーマにして光と影の表現を得意とする台湾出身の呉逸萱との初めてのコラボレーションです。

2021年5月27日(木)~6月8日(火)
平日:11:00~19:00 / 土日:11:00~18:00 / 水曜:休廊

【昨日のこと / 夢醒前寫下昨天】                          2021.05.02
2020年新型コロナウイルスという未知の感染症が世界中に蔓延し、社会が大きく変貌した。人々は恐怖や不安に陥り、現況に逆らえない痛みが刻まれた。そんな 変化と激動の世界の中で生命の価値とそれをとりまく環境との関係を見直し、 後悔や償いの気持ちの中から多くの希望がうまれ、今回の作品を紡ぎだした。
台湾若手作家:
Mei (油画)・陳佩吟/Pei-Yin CHEN (木彫)・吳政翰/Cheng-han WU (油画)・蔡煒廷/Wei-Ting TSAI (油画)・
林鈺凱/Eggzy LIN (トイデザイナー・アーティスト)

後援:台北駐日経済文化代表処・台湾文化センター
協力:透視芸術空間

2021年5月8日(土)~5月22日(土
平日:11:00~19:00 / 土日:11:00~18:00 / 水曜:休廊

【Suisui 個展 ~かげのおぼろに~ 】                        2021.04.09
命とその記憶・繋がり・境界をテーマに岩絵の具で制作している。 誰かとともに過ごした日々はやがて過ぎ去るが、それらは消える ことなく私たちの一部となって生き続ける。

2021年4月15日(木) ~ 4月27日(火)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
水曜:休廊

台湾女性作家五人展 ~ 春暁 ~】 2021.03.16
現代アート、膠彩画(日本画)、版画、それぞれの分野で国際的に活躍している台湾出身女性作家5名の初海外コラボレーション。アートを通じて、人々がつながり、平和と心を豊かにできればと願っています。ぜひご高覧ください。
謝 宛儒 Julie Yuan-Ru Hsieh / 陳 誼嘉 Yi-Chia Chen / 呉 逸萱 Yi-shuan Wu / 曽 竹君 Kimmy Chu-Chun Tseng / 蕭 月華 Yueh-Hua Shiao

後援:台北駐日経済文化代表処
台湾文化センター

2021年3月18日(木)~3月30日(日)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00 / 水曜休廊

【東北復興チャリティー二人展 -3.11を忘れない-】    2021.02.28
東日本大震災から10年。「もう」なのか、「やっと」なのか・・・
「大震災のことを、そして皆さんのことを忘れていない」をテーマに、みちのくココロ寄せ描き隊と企画したチャリティー絵画展。東日本大震災の復興支援に関わってきた原田鎮郎と松本忠二人の画家による、はじめてのコラボレーションです。
ぜひご高覧ください。
なお、6月に岩手県内、2か所を巡回展する予定です。・売上の一部を震災遺児奨学金に寄付させていただきます。https://tonomagokoro.net/santakikin
2021年3月4日(木)~3月14日(日)
平日:11:00~19:00 (最終日~16:00)
土日:11:00~18:00 / 水曜休廊

【Simon Dalby x Ian Hayden OIL x WOOD】    2021・02・06
イギリス出身のアーティスト・サイモン&イアンの二人展。
サイモン・ダルビーは、「 マジカル リアリズム」と呼ぶ手法で油絵を描いています。まるで写真の ようにリアルに見える 作品ですが、それを超えて鮮やかな 色彩、夢のような構成です。
イアン・ヘイデンは日本の多様な樹木の木目、色彩、質感を生かすことを心掛けて、自然の樹木の美しさを活かし、木工旋盤によって作品を制作しました。

2021年 2 月 11 日(木)~ 2 月 23 日(火)
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

【原田鎮郎 個展 「いきものガンバレ2021】2021・01・08
小さい頃からいきものが大好きでした。いろいろないきものも飼いました。京都大学の霊長類研究所や、文化人類学の方に進みたいと考えた時期もありました。建築の設計や都市計画の仕事に携わってきましたが、常に地球環境や自然環境に意識を巡らしてきました。 テーマは最近取り組んでいる「いきものガンバレ」です。

2021年1月14日(木)~1月30日(土
平日:11:00~18:00
土日:11:00~17:00
休廊日: 水曜日

【有志展 2020】    2020・12・10
早稲田大学の建築出身者の有志展

2020年12月10日(木)~12月22日(火
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

【坂本 藍子 日本画展 「はじまり」】 2020・11・12
『わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です』

宮沢賢治の「春と修羅」の序の初まりの言葉です。初めてこの文章を目にした時、美しい世界観に心を奪われてしまいました。循環する生命の、光や陰、風、宇宙、静寂、形のないものの中に溶け込むような感覚と、目には見えないけれど確かに存在する「心」との調和を表現したいと思いました。

2020年11月19日(木)~12月1日(火
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

 許華山 日本初個展 「素・風景」】     2020.10.08
建築家、アーティストでもある。
台湾の山、海、森、田畑、池など、それぞれに命やエネルギーがあふれて いる自然を描いた。
池には優雅な蓮の花が咲き、柳 の枝が風に揺れている。
青い空、遠い山、緑の大地はビルのようでもあり、海のようでもある。
緑豊かな色彩を纏っているようでもあり、モノクロームの世界でもあるよう な美しさである。

2020年10月15日(木)~10月27日(火)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

 張家菁 日本初個展】     2020.09.20
人と自然界の生き物とのスピリチュアルな交流を描いています。
ご高覧ください。
2020年9月24日(木)~10月6日(火)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日


【 ヘスアルド・F・ブラボ & 丹羽あかね 二人展】     2020.09.03
スペインラマンチャー地方出身のヘスアルドさんの色鮮やかな磁器と丹羽さんの渋い陶器のコラボレーションをご高覧ください。
後援:スペイン大使館

2020年9月5日(土)~9月19土)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

【 阿部観水・藤原宇希子 二人展】 2020.08.14
魚と蛙を中心に描く若手作家のコラボレーションをご高覧ください。

2020年8月20日(木)~ 9月1日(火
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

笠原良子・見目木実】         2020.07.30
     陶
   Exhibition

「益子で作陶している二人の展示」
*展示什器協力 pejite仁平古家具店
*作品と合わせて素敵な家具もお楽しみください。

2020年7月30日〜8月11日
平日:11:00~19:00
土日祝日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

2020.07.08

蕭 月華 日本画展「福きたる」    

個展のテーマである「フグ / FUGU」は、発音は中国語の「福 / FU」とよく似ているので、個展名を「福きたる」にしました。
フグは人間にそっくりの顔をして、愛嬌があり可愛いことに、とても魅かれました。
作品の中では伝統演劇京劇の雰囲気や紋様を取り入れ、洋箔、金色の線などを程よく使っています。
金色は「富貴」の表しで、私の作品を通して皆様に「幸福」が訪れますようにと願っております。
御高覧頂ければ幸いです。

2020年7月11日(土)~ 7月26日(日
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

2020.06.21
 
白田誉主也 / Yoshuya Hakuta
日本画展「OASIS-オアシス」 


私の作品の特徴は質感であると考えています。動物の目や口、鼻、体など、それぞれの場所ごとに質感を変え、一つの画面の中で様々な質感が存在する作品を作ろうと試みています。
本展では、動物たちにとって心休まれる場所はどこなのか、ということを考えながら制作しました。
ぜひご高覧ください。
  
2020年6月25日(木)~ 7月7日(火)
平日:11:00~19:00
土日:11:00~18:00
休廊日: 水曜日

2020年3月19日 (木) ~4月11日 (土)      2020.03.15
謝宛儒 日本初個展 「命の鼓動」
台湾系アメリカ人
アーティスト・医師・声楽家
音楽や医学の面からインスピレーションをうけ、油彩、水墨、アクリルなど多様な画材を駆使して現代アートを創作している。
今回は精神の躍動を描いた「命の鼓動」赤黒シリーズと指を使って描いた娘の名前でもある「ダリア」の花シリーズ。
平日:11:00~19:00  休廊日は水曜日
※土日祝は18:00

2020年6月25日(木) ~ 7月7日(火)
白田誉主也 日本画展 オアシス/OASIS

2020年2月27日 (木) ~3月10日 (火)
原田鎮郎&幡手龍二 二人展「TOUCH」

2020年1月19日(日)~2月2日(日) 
原田鎮郎 個展 「いきものガンバレ2020」
建築家、画家でもある。小さい頃からいきものが大好きで、いろいろないきものも飼いました。京都大学の霊長類研究所や、文化人類学の方に進学と考えた時期もありました。 建築の設計や都市計画の仕事に携わってきましたが、常に地球環境や自然環境に意識を巡らしてきました。絶滅危惧種をテーマに描きました。

2020年5月7日(木)~5月19日(火) 延期
蕭月華 個展 「福きたる」

2020年6月4日(木)~6月16日(火) 延期
松宮喜代勝 個展

2020年6月25日 (木)~7月7日 (火)
白田誉主也 個展

                 

Copyright Gallery Field All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。